伝承の技を守り続け、職人が丹精込めて造り上げた本物の味わい。 うに甚本舗の「粒うに」は長期常温保存が可能 贈り物として最適な「逸品」を…

うに甚本舗は、下関名産の「粒うに」専門店

 下関の六連島で生まれたアルコール漬け粒雲丹は、懸命な努力で究めた「城戸久七」の加工法を創業者「上田甚五郎」が受け継ぎました。

 

 普通の雲丹と違うところは賞味期限が断然に長いことです。最長で一年以上の常温保管も可能で食用のエチルアルコールを添加することによって、よりいっそうの旨みが加わるのです。うに甚本舗は下関名産「粒うに」専門店として約1世紀、最新衛生設備と更なる研鑽を積み、常にお客様にお喜び頂けますよう、心がけて居ります。

ピックアップ

newmesityoruru

★ 6月うに飯のご案内★

2016年05月13日

「うに飯」のご案内・・・味はあっさりしてますがいやみの無い味付けです。一両日中であれば冷めても美味しくいただけるのが特徴です。現在「毎月第二土曜日」(次月の販売は6/11土曜日)です)のみ店頭で販売致しております。がんばっても一日100個くらいしか造れませんが、毎月第二金曜日までにお電話戴ければ予約が可能ですのでお早目にお申し付け下さいませ。宜しく御願い致します。1折650円(税込)での販売です。 フリーダイヤル 0120-22-0169で承ります。 使用の米は山口県産こしひかり・具材は地元百貨店で購入したこだわり素材を使ってます。 なお、本店店舗での販売は、土曜日午後2時半頃までにお持ち帰りできる方への販売になります。

 

当店の地図はこちら

 ★1.創業百周年 粒うに秘話 赤間うにの紹介 2016赤間石碑付pop2
2,160円(税込価格) アルコール漬け「粒うに」の歴史 明治20年頃、六連島の西教寺蓬山和尚がアルコール漬を考えだしたと言われています。 当時、下関の「六連島」は外国からの捕鯨船の停泊地でもあり、たくさんの外国人たちがいたそうです。そんな外国人との酒宴の席で、たまたま出されていた「塩うに」に度数の高いリキュール(ジンだったと言われています)がこぼれてしまいました。何故か雲丹が見る見るうちに固まっていったのです。しかし、そのうにを西教寺の蓬山和尚が一口食べた時、その芳醇な香りと食感に「これは!」とヒントを得たのです。 その後、試行錯誤の結果、塩うににアルコールを加える製法が出来上がったそうです。さらにその製法を見出したとされる同島の「城戸久七」は、うにの保存法等の開発に努め、斯業の発展に尽くしました。当時は焼酎をそのまま使用していましたので、時には酵母等による異常発酵もみられ、貯蔵してい瓶などの容器が割れることもあったそうですが、純度の高いエチルアルコールを使用するようになり、現在のように品質の安定が確保されるようになりました。その製法をわずか十六歳の時受け継いだのが弊社先代「上田甚五郎」なのです。その先代「上田甚五郎」から受け継ぎ会社設立から本年で100年 地元氏神様境内に粒うにの碑を建立しました。

詳細を見る

赤間うにが金賞受賞 よしもと47シュフラン2016 47シュフラン記事
2,160円(税込価格) 【赤間うに】 下関が古来赤間ケ関と呼ばれたことから名づけられた「赤間うに」。厳選された良質のバフンウニと甘み豊富なムラサキウニを上手くブレンドすることにより、素材である雲丹本来の風味を損なう事の無い粒うに。尚且つ地元個人製塩業者「百姓庵」の塩にこだわり味付けする事で、マイルドな味に仕上げる事が出来ました! 温かいご飯に添え、パリパリの海苔を巻いて食べると最高です。賞味期限は常温で180日と長く、贈り物としても安心安全です。下関が推進する、「下関ブランド」認定商品です。 ★赤間うには店舗・下関大丸・井筒屋各店・三越(銀座・恵比寿等)東武百貨店(池袋・船橋)うすい百貨店(郡山)・おいでませ山口館・うに甚e-Shopでもお買い求めできます。 ・・・という赤間うにがこの度 よしもと47シュフラン2016 に於いて栄えある金賞を受賞しました。よしもと47シュフランとは主婦より推薦があった全国の商品からエントリーを募り、よしもと芸人や有名バイヤー、有名レストランシェフ、一般主婦などが試食による審査を行い、認定商品を決めるという企画です。 今後とも「赤間うに」ご愛顧の程宜しくお願い致します。

詳細を見る


★歯応えばっちり!「しゃきしゃき 数子ちゃん」 数子ちゃん1234.miniJPG
650円(本体価格) 702円(税込価格) 雲丹和え物の定番 数の子うに。本品の特徴は本来の粒うにに「酒粕」で風味を持たせ、歯応えを感じるぶつ切りの数の子を惜しみなく和えてみました。口の中で感じる厚みのある食感は多種多様の場面で、役に立ちます。そのまま、和え物小鉢として。ご飯に添えて普通にオカズとして・また、創作料理の素材としてなど使い道はまちまちです。 創作雲丹のため「数の子雲丹」ではなくあえて「雲丹数の子」としました。うにの風味はそのままに、酒粕のほのかな味わいが食欲をそそります。 賞味期限120日 開封後は10℃以下で保存が好ましい。

詳細を見る

1. 再販売 関のうにと赤間うに SA50 sekisa50
関のうに・赤間うに 5,400円(税込) 賞味期限常温180日 「赤間うに」と「関のうに」を詰め合わせた豪華な商品。 ■赤間うに 赤間うにはムラサキウニとバフンウニをブレンドした、生仕立てのマイルドな味わいです。 ◆第44回全国水産加工たべもの展水産庁長官賞受賞 ◆下関ブランド推進協議会 下関ブランド認定商品 ■関のうに 関のうには新潟越後高田の銘酒「大吟醸」加えた逸品で、厳選された生うにをふんだんに使った最高級品です。 生うにの芳醇な香りと「大吟醸」のフルーティーな味わいがうまくマッチしております。 ◆第30回山口県水産加工店 下関市長官賞受賞 ◆第47回全国水産加工たべもの展 大阪府知事賞受賞 ※生うに原料減少・及び高騰の折から6月1日より内容量が各60gより各55gに変更になります。

詳細を見る


akama_bunner2
 「赤間うに」は下関が古来「赤間が関」と呼ばれていた事から名付けました。 原料は厳選された良質のバフンウニと甘味豊富な紫ウニをブレンドしたものです。生臭さが無く温かいご飯に添えて食べるのが一番。更に当商品は地元個人製塩者「百姓庵」の塩を使用しております。