食べ方・・・そのままご飯に・うに飯・うに卵焼き・イカうに・パスタ・オムスビ・茶碗蒸し・大根おろし・納豆などなどに 工夫を凝らしてご家庭で高級料理が創れます。

粒うにのレシピご紹介

材料(2人前)

  • バージンオイル60cc
  • 赤間うに60g瓶・・・¥1,800
  • バター大さじ軽く2杯
  • 少々
  • 生クリーム (動物性の45%くらいのもの)200~250cc

最初にパスタを茹でます。画像は200gです。
フライパンにオイル、バターを入れます。
赤間ウニ60g(1瓶)を入れます。
1,6mmを少し長めで8分弱茹でたら、よくお湯を切ります。ゆで汁を入れるとせっかくの濃いウニソースが薄くなります。
湯切りしたパスタをフライパンへ移し生クリームを入れます。
中火にして手早くかきまわします。かきまわしながら塩・粉チーズを入れ味見をしながら調整してください。
味が調ったらクリームがふつふつするまでかきまわします。
完成です。

 

 

★一番美味しく召し上がるのは温かいご飯に付けて食べるのが一番です。ご飯の湯気でアルコール分が蒸発するのか調和のとれた味が醸し出されます。また、海苔と雲丹は相性が良くオムスビの中に粒うにを入れ外側に、手巻きの海苔を巻いて食べると一味違った高級オムスビが出来上がります。

 また、その他の使用方法として、うにスパ(私感ですが、クリームパスタもいいですが、和風ソースやオイルの効いたペペロンチーノに粒うにを伸ばさずポツポツと入れてやったほうが意外と合うような気がします。)
同じような方法で、うに炒飯もいいですね!卵焼きにも相性が良く、粒を崩さずまんべんなく入れて作ればこれも美味!茶碗蒸しもイケルみたいですし・・・・。

風変わりな方法としては、納豆やいかの塩辛・野沢菜にちりめんじゃこ・大根おろし(塩うに系)も意外とイケます。

パンに付ける方やイタ飯風にアレンジして工夫すれば、手軽に高級な料理が作れるのではないでしょうか!?